DevLOVE関西2017 commitment 〜"何"にコミットするのか?〜 に参加しました

2017/11/25に、DevLOVE関西2017 commitment 〜"何"にコミットするのか?〜 に参加しました。

devlove-kansai.doorkeeper.jp

参加セッション
  • 通りすがりのエバンジェリスト、その瞳は何を見る 長沢 智治さん
  • グループプロセスがチームの土台 福原 美砂さん・広瀬 義浩さん
  • コードをどまんなかに irofさん
  • UX ≠ ユーザー体験を考えるということ 山下 一樹さん
  • ボトムアップな組織改革-会社にアジャイルな風を吹かせる- 増田 謙太郎さん
感想など
  • A, Bマルチトラック方式で、いつものことながら選択に迷いつつも、今の自分が聞きたいと思うものを聞くことができたと思う。こういったコミュニティを運営してくださる方に感謝したい。
  • テーマは何にコミットするのか、ということではあるが、何にコミットするのか?を考えることは、自分がなぜそれをやっているのかを明確にすることなんだろうと、個人的には考える。自分がコミットしているものを考えると、ベースはチーム貢献へのコミットが根底にはある。そしてその先は、組織なのか、市場なのか、ゆるやかに思っているところはあるが、模索中。ただ、自分なりの速度で、コミットする対象をより深く、または広くしていくことにはコミットしたい。
  • 長沢さんの話は、これまでのコミットというか、自分戦略というか、行動の背景を知ることができて納得と同時に、その強い思いこそが行動につながるのだなと実感。
  • グループプロセスの「関係的過程」の話は、なんとなく頭にはあったがもう少し掘り下げてみたいという分野。見えているのは氷山の一角で、その背後にある感情などを、観る、感じる、伝えること。7、8人でフラフープを指一本で一緒に下ろすワークショップを交えながら、自分がどれだけ普段の気持ちを表現できていないか、目標というタスクプロセスに目が行きがちかを感じた。
  • 増田さんの話は一度聞いてみたいなと思っていたので、同じくちょい固めの組織の中で生きている自分も、苦労する部分が割と似ていて、共感するところがあった。ただ、自分は増田さんほどの熱意が表に出ないというか、マイペースというか、冷静さのほうが勝ってしまうところがあるので、時にはあぁやってみてもいいかなと思える部分があった。

シリコンバレーから学ぶサーバントリーダーシップ に参加しました

2017/7/29開催のシリコンバレーから学ぶサーバントリーダーシップに参加しました。サイト

久々にDevLOVE関西に参加できました。開場提供のサイボウズさん、ありがとうございます。

主な内容。

  • 自分の生産性と組織の生産性を向上するための8つの習慣で取り上げられた、8つの習慣のうちの1つ。
  • サーバント・リーダーシップでは、何をすべきか指示するより、チームをサポートする。マイクロマネジメントは推奨されない。プレイングマネージャはない。
  • リーダーシップとは、やるべきことを、他の人がやりたくなるように仕向けること。

  • ワークショップ1:これまで自分が経験した良いリーダーの行動(ベストを尽くしたいと思わせるために、どのような行動を取ったか?)

  • ワークショップ2:ネガティブ・フィードバック、部下に変えてほしい行動
  • ワークショップ3:ポジティブ・フィードバック
  • ワークショップ4:ビジョン

以下、感想。

  • 自身の経験の中に、このリーダーについていきたいなぁとか、このリーダーのためならばやってやるぞ、と思ったことがあまりなかったので、実はワークショップ1の回答に苦労した。(自分が鈍感なのか、不運なのか、歪んでいるのか・・・)ただ、社会人になってすぐ、仕事を教えてくれた上司だだとか、お客様先のリーダーには、あぁ、この人のためなら仕事頑張りたい、と思ったことがあり、間違いなく、自分の仕事のモチベーションの1つになっている。今の自分が、ついていきたいと思われるようなリーダーには、ほど遠いんだろうなぁとは思いつつも、自分が言われてうれしかったところには、近づきたいと思っている。今回のワークショップでは、一般的にはどのような行動が、リーダーの行動として受け入れられているのかをいくつも事例を聞いて、ある程度一般的なベクトルがどんなものかを知ることができ、よかった。
  • ネガティブ・フィードバックの原則が確認できてよかった。望ましくない行動とそれが引き起こす結果について、他の人がいない対面で行う。タイミングが遅すぎてもよくないし、指摘しないのも、その行動を容認しているととられることがある、というのは、実際現場でありがちだと思った。
  • 権限委譲に関しては、いろいろQAもあったけれど、する側もされる側もしない側にも、それぞれ言い分がありそうな話なので、難しいと思った。ただ、自分はこうだからこうしている、というのは周りにもしっかり説明して、理解されるようにはしたい。
  • ビジョンのワークショップに関しては、正直今の会社のビジョンを(途中で変わってきたのもあり納得していないから)はっきり伝えられなくて、自分でも笑うしかなかった(笑)。ただ、自分の会社のビジョンを他社の方に自分事として語れる人は、その分そこに注力して努力してきた方なのだと思う。

今すぐ実践!カンバンによるアジャイルプロジェクトマネジメント MeetUp 2017/06 に参加しました

2017/6/21に、なごやかScrumの、今すぐ実践!カンバンによるアジャイルプロジェクトマネジメント MeetUp 2017/06 に参加しました。

https://nagoya-scrum.connpass.com/event/58382/nagoya-scrum.connpass.com

  • 書籍に書いてあることを中心に、考えたり、意見交換したりするスタイルの勉強会。今回は、「今すぐ実践!カンバンによるアジャイルプロジェクトマネジメント」の後半。
  • カンバンに関する具体的な事例を検討できて、現場で使えそう。
  • 自身はRedmineのBacklogsやJIRAのboardといった電子カンバンを使うことがほとんど。というか、会社だとISMS的なもので、物理カンバンやりにくいので、ほぼ一択。
  • QAタイムでは、現場での困り事を、主催の@kyon_mmさんや、参加者の方々と、話をしてみた。

スクラム冬の陣2017 ~みんなで学ぶスクラム〜 に参加しました

2017/1/14開催のスクラム冬の陣2017 ~みんなで学ぶスクラム~に参加しました。サイト

参加セッション
  • A2:20分でスクラム入門 ステップ・バイ・ステップ(守田 憲司 氏)
  • A3:Scrumを使うと本当に成長できるの?(土肥 拓生 氏)
  • A4:多様な働き方をするチームでスクラムを実践してみた(長南 理恵 氏)
  • A5:お悩み解決!持ってて損しない道具箱(原田 巌 氏)
  • A6:導入に困っているあなたに贈る スクラム導入コミュニケーション術(川鯉 光起 氏)
  • A7:組織”規模毎”のアジャイル開発アプローチ事例~成功・失敗・ピボット・トライ~(荒瀬 中人 氏)
  • A8:産業機器B2Bビジネスへのスクラム手法の有効活用(遠藤 正俊 氏)
  • A9:エンタープライズアジャイルの可能性と実現への提言(藤井 拓 氏)
  • A10:客先常駐案件でスクラムを導入したスクラムマスターの話(増宮 雄一 氏)
  • A11:ベトナムでのアジャイルオフショア開発への挑戦(藤村 新 氏)
  • A12:なんたって"DevQA" アジャイル開発とQAの合体が改善を生む(永田 敦 氏)

20分から45分のセッションが10分の休憩を挟んで続いていくスタイル。なかなかボリュームがありました。会場は明るくWi-Fi提供もある環境で、運営も気遣いが素晴らしく、無料イベントとしてはとても好印象でした。ありがとうございました。

以下、感想。

  • A12:自分が関わっている中で、まさにアジャイル開発チームのQAとして携わらせてもらっているチームがあり、今回の事例に近い状況で共感するところがありました。スクラムマスターへの依存度が高かったり、チームメンバーの出入りでベロシティが下がる課題は、特に思い当たるところがあります。時間が経過すればそれなりにメンバーも育つのですが、ある程度長期のプロジェクトでないと苦しい。

  • A2:スクラムガイド2016で追加定義された価値基準をキャッチアップできてよかったです。スクラムガイドも時には読み返したい。

  • A4、A8、A11:領域は違えど、貪欲にスクラムの考えを活用できる領域を見つけて適用しようとする姿勢が刺激になりました。

  • A7:スクラムマスターの立場から、アジャイルの普及を社内に広めた荒瀬氏の生き方的なセッション、よかったです。うまくいかなかったときに、戦略を考えてうまくいく方法を探る。きっと20分では語られつくしていない部分があったはず。

  • A9:どちらかというと、私の現場はエンタープライズ。断片的にインプットしていたエンタープライズアジャイルの情報を統合できました。

  • A10:スクラムマスターの中立性の話(できるだけ裏方に)と、新しいことに挑戦する際に、コスト意識が投資意識になるようにという点は、あぁそうそうと思いました。メンバーからこれは将来必要になるから今やっておいた方がいいという動きが出てくると、あぁ、もうある程度任せていいなと思う。

2016振り返りと2017

年始にあたり、今年の大きな計画をたてる。

2016の振り返り(YWT)
  • Y:公私ともに、新しいことに試行錯誤した。
  • W:人間性を取り戻した(笑)が、時間がなく、無理して体調を崩したり、集中しきれない場面が増えた。
  • T:期待をしっかりコントロールしつつも、自分がやるべきだと思うこと・集中したいことに向かって、トライしながら行動を深めていく。ただ、全部やろうと無理はしない。

IT技術を深めることには興味あるし必要だが、この一年で(誤解を恐れずに言うと)大局的にはどうでも良くなった、というか、他に優先度の高いものができ、それをやったほうが、全体としてうまくいくと考えるようになった。

2017の活動指針

1つ前の記事で自分戦略を検討したが、引き続きチーム活動や繰り返しプロセスを通じて、仕事を改善することに貢献したい。

そのために、

  • 集中する時間をしっかり作る。自分が特にすべきことを見極めて、それ以外は諦める覚悟を持つ。
  • 俊敏さを失わない。
  • チームを作る・守る(ただし自分なりの方法で)。サステイナブルなやり方を見つける。

どちらかというと仕事目線で指針を書いたが、おそらく根本的にはプライベートも同じ指針。

自分戦略の検討材料(2016年版)

2000年にIT業界に足を踏み入れてから、もう16年が経つ。この間に、自分自身がやっていきたいと思うこと、志向は、社会人になってからだいぶ変わってきた。

期間は必ずしも正確でないものもあるが、キーワードにするとこんな感じ。

・2000-2006:DB/アプリケーション/Webエンジニア

・2007-2013:PM/ITアーキテクトプレイングマネージャー

・2014-:チーム開発、アジャイル、繰り返しプロセス

業界の流れからは少し時間軸的に遅いものもあるが、自分の中である程度納得のいくところまで熟成するのに時間がかかるのだろう。

これまでやってきたことも、一定比率で時間はかけるが、目下はチーム開発を通じて、チームがうまくいくようにするのが興味のスコープ。

以前は本来他のメンバーに任せる仕事をまるっとやっていた時期もあったが、今は、自分に期待されていて、かつ、自分にしかできないことを集中してやるようにつとめている。

今年は結婚して多少仕事の上でも考え方に変化が出てくるかと思っていたが、根本的な考え方は変わらず。

「Cloud First Architecture 設計ガイド」を読みました

2016/10/24に行われたQCon Tokyo 2016に行くことができませんでしたが、幸い、多くのセッションで資料が公開され、一部、動画も公開されているので、参照しているところです。

そのうち、鈴木雄介さんの「今どきのアーキテクチャ設計戦略」(セッション資料)については、最近発売された「Cloud First Architecture 設計ガイド」の一部を再構成した内容になっています。

本の方は、システムアーキテクトとして、今知っておきたい技術や事項が、どういう位置づけ、意味合いのものなのかを再確認するのに最適という印象です。普段仕事をしていると、どうしても特定の分野にだけ知識が偏ったり、思い入れが発生してしまうことがあります。どのようなユーザー・案件が目の前にある場合でも、客観的な視点を持っていれば、役立ちます。

あとがきにはこうあります。

本書は日本のエンタープライズのど真ん中にいる人に届けたいと思って書きました。この本を読んでクラウド技術を存分に使いたくなったなら、それを実践しているウェブサービス企業に転職するのも良いでしょう。でも、できればエンタープライズ開発のど真ん中でクラウド技術を使おうとする、あるいはクラウドファーストな思考によって、日本のエンタープライズを良くしていくという選択をしてもらえるとうれしいです。

技術者として最新のものに触れたい気持ちと、今いる現場を良くしようという気持ちで、揺れ動くことはしばしばですが、今ここにいる限りは、今ここでできることに全力を傾けていきます。