読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CMS Fun Nagoya 2015.11.07

CMS Fun Nagoya 第3回「EC CMS を極める」に参加。サイト

対象CMS

以下、個人的なメモと感想。

SOY CMS/ SOY Shop(古荘さん)
  • Soy CMSベースだが、プラグインではない。
  • 特徴
    • 自由度が高い:構成、デザインに凝れる、リリース後の修正に強い。
    • バージョンアップしても、拡張部分は影響を受けないよう、ディレクトリが別になっている。
    • ぱっとそれなりのサイトを作るのは苦手。
  • 事例:http://www.yamarent.com/
  • 多言語対応:インバウンドの言語切り替えはできるが、テンプレートは対応していない。商習慣も違うので必要に応じてカスタマイズするイメージ。
  • 利用イメージ:ユーザーとしては、それなりの規模になってから利用することが多い(300万〜)ので、ある程度軌道に乗り始めてから使うイメージ。必要であれば、開発カスタマイズしていく。
Magento(ベリテワークス株式会社 西さん)
  • 概要

    • 多言語・多通貨・マルチサイト。
      • 欧米だと1500万SKUとかのサイトもある。相応の規模でも対応可能。
      • マルチサイトで100個以上の事例はあるが、大変だとか・・・
      • わかっている人がカスタムをする想定。わからない人がカスタマイズするとぐちゃぐちゃになることも。
    • その他(割愛)
  • グローバルのECプラットフォーム

  • 機能紹介

    • 前提環境
    • SOAP/REST API、越境課税計算が利用できる
    • サイトの異なる別サイトを1津の管理画面で効果的に運用ができる。
      • 1つの会社・組織が運営するのは問題ないが、体制・理念・資金力が異なる組織が相乗りして運用するモールは無理
    • エクステンション
      • 宿泊予約、時間予約なども、エクステンションを開発すればできる。
      • 拡張機能はプログラムで作っておいて、デプロイで反映する、という管理方法もあり。
    • 課税:品目による違いや地域による違いに対応
  • カスタマイズ

    • 設計重要。たとえば、商品属性は、導入ヒアリングして、商品マスターを作成し、属性セットを作る必要がある。
    • プロモーション管理(ディスカウントルール)は、テスト環境で条件式をテストしないと大変なことになる。
  • よく聞く声

    • 重い:CGIPHPサーバーは基本不向き(実行時間制限もあるし)、最低でもVPS,mod_php/FPMのPHPが動く環境が必要、AWSならMシリーズよりCシリーズで(メモリよりCPUパフォーマンスがあったほうがよい)、チューニングすれば100msまでは頑張れる。
    • 日本の商習慣:税制は日本が単純。面倒なのは連携とか既存のシステムに問題あり(キャンセルと払い戻しが区別なかったりとか)。家電リサイクル法対応がそれなりに面倒。WEEE指定準拠の国はFPTで対応。
    • 機能が多い:最初に機能のウォークスルーが必要。
    • カスタマイズの仕方:徐々に理解する。Magento Japan Users, Magento-JPで聞く方法もある。
  • Magento2

    • 今月(2015.11)リリースされる予定
    • PHPバージョン5.4.11以降
    • 新機能・機構の追加・整理
    • タッチUI対応
    • フレームワークの全面刷新:Symphony、連携テスト、マイグレーションテストなど実装している。CIに対応。
    • 1系は、2リリース後、3年間サポート
  • Magento 2015 Japan(11/20)

EC-CUBE(大河内さん:エヴァンジェリスト
  • 2万店舗以上の導入実績
  • カスタマイズ:プログラムを書き換える。自由度は高いがバージョンアップはしづらい。
  • EC-CUBE 3
    • Silex/Symfony2採用、レスポンシブへ(EC-Cube3と2でだいぶデザイン違う)
  • 2系と3系の比較
    • CMSとしてはずっと変わっていないが、他のCMSを利用。
    • カスタマイズのしやすさ:PHPがあればなんとかなった、3からはSilex/Symfony2がわからんといかん。
    • 安定性、インストール、パフォーマンスのしやすさはこれから
    • 将来性:頑張れば古いバージョンでもまだまだいける
    • 3.2で新しくなるかも。。。
WelCart(コルネ株式会社 南部さん)
  • WordPressプラグイン
  • WPプラグインとの相性がある。qTranslate(バイリガルプラグインでコンフリクト)、HTTPS、Head Cleaner、WP Super Cache(情報漏えいに)
  • テーマは、Basic版が出るので、土台にしてカスタムを。
  • カスタマイズはしやすいが、Updateの支障になりやすいので、注意が必要。
  • カスタムできる制作会社様が増やしたい。
CS-Cart(吉浦さん)
  • 概要
  • 特徴
  • 有料版
    • 多言語、ユーザーグループ、すべてのアドオン、複雑な販売キャンペーン
    • 無料版でも、登録商品数に制限はなく、カスタマイズは可能
    • 99,800円
    • 30日間はトライアルできる
  • 事例
    • WATCH STYLE
    • うつわ、ごはん、暮らし
    • STYLE ORDER
    • DESIGN STORE TOKYO
  • 管理画面
    • 管理画面の多言語化もできる
    • 使いやすそうなデザイン(GAに似ているかも)、手離れがよいと聞いている
    • コードフックでカスタマイズ
  • その他特徴
  • ロードマップ